副業アフィリエイト実践記

副業アフィリエイトで収益を出す方法、実績、考え方などをお伝えしていきます

ネットビジネスもアルバイトも「ありがとう」の対価が報酬につながるという考え方

      2016/04/07

ネットビジネスは「ビジネス」と名がつく通り、立派なビジネスです。

適当にやって稼げるほど甘くはありません。

ネットビジネスは私にとって副業です。

ですが副業であってもちゃんと稼ごうと思うなら真剣に取り組む必要があり、私なりに真剣に取り組んでいます。

あなたがもし今からネットビジネスにこれから参入し、アフィリエイトに取り組むなら、これからお話する考えは頭に入れておいて欲しいと思います。

人がお金を払うということ

私は世の中のお金は全て感謝の気持ちを形に変えたものだと思っています。

人を騙してお金を儲けることを考える人もいますが、一般的な社会ではほとんどの場合、「ありがとう」と「お金」はワンセットになっていると思うのです。

私の本業はサービス業です。

サービス業は自分がお客様に対してなんらかの歓びを与えたり、また快適性を提供する仕事です。

サービスの対価として客はその会社にサービス料金を支払い、会社は従業員に給与を支払います。

客はサービスを受けた際に、サービス提供者(私)に感謝の気持ち(ありがとう)をお金という形にしていると考えられます。

実際にお客さんを目の前にしてサービスをする仕事なので、お客さんから直接「ありがとう」と言われることもよくあります。

サービス業は「ありがとう」と感謝され、さらにお金まで頂ける素晴らしい仕事だと私は思っています。

では小売り業はどうでしょうか。

客は自分にとって有益だと思う商品を購入します。

その商品にメリットを感じた人は喜び、あるいは救われたと感じ、感謝の気持ち(ありがとう)を持ちます。

客は商品に対してではなく、商品が与えてくれた自分へのメリットに対してお金を払います。

そのお金はメーカーや卸し業や小売り店の利益となり、そこで働く従業員の給与となります。

銀行の振込手数料はどうでしょうか。

銀行という信用のおける金融機関がお金を預かってくれて「ありがとう」が生まれます。

そして、人や会社にお金を引き渡す作業を確実に行ってくれて「ありがとう」です。

このように考えると、世の中のほとんどのお金の流れは「ありがとう」と共に流れていると言えます。

アフィリエイトのお金の流れ

アフィリエイトでも考え方は同じです。

消費者(客)があなたのサイトを見て興味を持ち、商品に対してお金を支払います。

そのお金は「ありがとう」と共に運ばれます。

お金と「ありがとう」の行き先は、

製造元及びサービス提供元、asp、そしてそれを紹介したアフィリエイターであるあなたです。

こんな良い商品やサービスを紹介してくれて「ありがとう」とお客(あなたの読者)が思うからこそ、その感謝の気持ちの対価として自分にお金が回ってきます。

このように、アフィリエイトビジネスであろうとリアルビジネスであろうと、お金の流れの本質は変わりません。

アフィリエイターの仕事は、その商品やサービスを求めている人に対して自分のブログやサイトで分かりやすく紹介することです。

商品やサービスが良いと一口に言っても、何をもって良しとするかは人それぞれです。

なので、アフィリエイターは紹介する商品のメリットとデメリットを自分の持つ媒体で分かりやすく提示する必要があります。

紹介した商品を買うかどうかは読者に決めてもらえば良いのです。

こうしたスタンスでアフィリエイトを行うことが、結果的に読者の信頼を得ることにつながり、また「ありがとう」と言われることになると私は思っています。

そして「ありがとう」にはお金がワンセットになって付いてきますから、結果的にあなたにお金が回ってきます。

あなたがこれからアフィリエイトで長く稼ぎたいと思うなら、「ありがとう」の対価が報酬に繋がるという考え方をお勧めします。

 - 副業アフィリエイト実践記 , ,